稲城ノルディックウオーキングクラブ公式ホームページへようこそ.

あなたは 番目の訪問者です。
東京稲城市近郊の多摩丘陵、多摩川周辺でノルディックウオーキングを楽しんでいます。ご一緒にどうぞ!

<クラブ紹介>

当クラブのある稲城市は、緑が多く適度なアップダウンがある多摩丘陵で、多摩川やよみうりランドもありノルディックウオーキングには最適の環境、地域といえます。 平成21年5月にクラブが発足し、JNFA公認のインストラクターが初心者のための講習会、体験会、定期的な会員ノルディックウオーキングなどを行っております。
これからも皆様と一緒にノルディックウオーキングの輪を大きく拡げて楽しんでまいります。 

稲城ノルディック
ウオーキングクラブ代表

小林利彰

<クラブ事務局>

クラブ事務局へのご連絡はこちらからどうぞ

ここをクリック

平成31年2月例会<2月10日(日)>

2019年02月14日《Thu》
前日の雪が残る寒い朝でしたが、青空の下、稲城駅ロータリーから18人でスタートしました。
どんどん開発される稲城で、貴重な里山が残された南山を雪で滑らないように一歩一歩踏みしめて尾根まで登ると、東にスカイツリーの都心、西には真っ白な富士山が見え思わず感嘆の声。

「蛇より行事」で有名な神仏混淆の妙見寺(宮)から駒沢学園、実蔵寺、下谷戸親水公園へ。湧き水が流れる小川に水車小屋、芹が群生し、夏には蛍の里としても知られる懐かしい日本の原風景が残されています。ここの学習館では節句にひな人形、武者人形が飾られ、大空に無数の鯉のぼりが舞います。連休にはボランティアの方々が掘りたての筍を湯がいて販売します。

若葉台公園でクールダウン後、花の舞で昼食。気持ちの良い約8キロの行程でした。(田中節子)