稲城ノルディックウオーキングクラブ公式ホームページへようこそ.

あなたは 番目の訪問者です。
東京稲城市近郊の多摩丘陵、多摩川周辺でノルディックウオーキングを楽しんでいます。ご一緒にどうぞ!

<クラブ紹介>

当クラブのある稲城市は、緑が多く適度なアップダウンがある多摩丘陵で、多摩川やよみうりランドもありノルディックウオーキングには最適の環境、地域といえます。 平成21年5月にクラブが発足し、JNFA公認のインストラクターが初心者のための講習会、体験会、定期的な会員ノルディックウオーキングなどを行っております。
これからも皆様と一緒にノルディックウオーキングの輪を大きく拡げて楽しんでまいります。 

稲城ノルディック
ウオーキングクラブ代表

小林利彰

<クラブ事務局>

クラブ事務局へのご連絡はこちらからどうぞ

ここをクリック

2019年3月例会<3月10日(日)>

2019年03月14日《Thu》
今日は、まずまずのNW日和に恵まれ、稲城長沼駅のペアテラス・ガンダム前でウォーミングアップし、多摩川河川敷方面へ…
川沿いには子供から大人までスポーツを楽しむ人々が続き……歓声があがる方をチラチラ観ながら多摩川堤へ、堤ではピンクの河津桜が八分咲き?でしたね、

そして目的地「府中郷土の森」へ……昼食前にクールダウンし、美味しい地粉うどんを頂いた後、満開の紅梅・白梅のほのかな香りを楽しみながら散策…
黄色いサンシュやマンサクの花々、地面には紫や白のクロッカス等々……春爛漫の時ももうすぐですね。お蔭様で有意義な日になりました、

これからも体力が続く限りNWを楽しみたいと思います。

末文になってしまいましたが、皆様、今日はお疲れ様でした、次回も宜しくお願い致します。佐藤清子







新会員紹介、会員No.198さんです。

平成31年2月例会<2月10日(日)>

2019年02月14日《Thu》
前日の雪が残る寒い朝でしたが、青空の下、稲城駅ロータリーから18人でスタートしました。
どんどん開発される稲城で、貴重な里山が残された南山を雪で滑らないように一歩一歩踏みしめて尾根まで登ると、東にスカイツリーの都心、西には真っ白な富士山が見え思わず感嘆の声。

「蛇より行事」で有名な神仏混淆の妙見寺(宮)から駒沢学園、実蔵寺、下谷戸親水公園へ。湧き水が流れる小川に水車小屋、芹が群生し、夏には蛍の里としても知られる懐かしい日本の原風景が残されています。ここの学習館では節句にひな人形、武者人形が飾られ、大空に無数の鯉のぼりが舞います。連休にはボランティアの方々が掘りたての筍を湯がいて販売します。

若葉台公園でクールダウン後、花の舞で昼食。気持ちの良い約8キロの行程でした。(田中節子)






平成31年1月例会<1月13日(日)>

2019年01月16日《Wed》
昨夜からの雨も上がり、お天気にも恵まれ、今年初のノルデックウォーキングが始まりました。

唐木田から15名で歩き始め、「よこやまの道」「正山寺」と冬の里山を歩く心地よさは格別です。
高低差のある道も、皆と一緒に歩くと楽しいものです。「戦車道」に入ると、ランニングしている人、散歩している人、多くの人が楽しんでいらっしゃり、賑やかでした。

今年も元気に、移り行く景色を楽しみに笑顔で歩きたいと思います。(川畑昭美)








新年のご挨拶

2019年01月01日《Tue》
あけましておめでとうございます、今年も宜しくお願い致します。

2019年は我がクラブも10年目を迎え、笑顔で歩く輪をさらに広げてゆきたいと思います。

今年も笑顔で元気に歩き健康寿命を延しましょう!

小林利彰

平成30年12月例会<12月9日(日)>

2018年12月12日《Wed》
京王永山駅9:30分集合。忘年会を兼ねた例会の参加者21名で永山~多摩センター約7キロをウォーミングアップ後に出発。

多摩ニュータウンは多摩丘陵の自然な地形を利用し作られた街です。雑木林が広がる自然公園と作られた街並、春には桜、秋には紅葉と四季の表情を満喫することができる散策路が沢山あります。

宝野公園・奈良原公園は芝生広場になっていて、遊歩道は桜並木が連なる有名なお花見スポットになっています。メタセコイア通りの前方には小高い丘があり、野外ステージが特徴の鶴牧東公園があります。

その後、桜美林大学アカデミーヒルズの「レストランアヴィオン」にて忘年会兼ねての昼食を楽しんできました。加藤









今回のスペシャルゲスト ノルディック・ウォーク多摩の目崎さんと佐田さんが参加してくれました。NWの輪を拡げて行きたいと思います。


新会員紹介、No.196・199・200番さんです。笑顔で歩く仲間が増えました。

平成30年11月例会<11月11日(日)>

2018年11月16日《Fri》
例会の参加者は新会員を含め総勢19名。京王聖蹟桜ヶ丘駅前に集合し、ウォーミングアップの後、ウォーキング開始。

市街を抜け、日野市と多摩市の境界に位置する小高い丘の雑木林の小道を、落ち葉を踏みしめて進むと、多摩丘陵に江戸時代から存在する庭園「百草園」に到着。高低差のある園内を散策すると、木々の紅葉には少し時期が早いものの、一部のもみじは美しい。見晴台からは新宿の副都心も望め、狭い敷地ながら色々楽しめる。

庭園を後にし、隣接の百草八幡宮、朝日山緑地を通過。曇り空ながら時々日が差すと汗ばむ陽気で気持ちが良い。やがて川崎街道に合流し、しばらく進むと高幡不動尊金剛寺の五重塔が見えてきた。境内に到着すると、七五三祈願のご家族や、菊花展を鑑賞する人々で大賑わい。関東屈指の古刹とはいえ、あまりの混雑のため境内の散策は切り上げ、クーリングダウンをして解散となった。(栗本)







No.196・No.200が新会員に成りました。

第47回初心者講習会<10月27日(土)>

2018年11月09日《Fri》
第47回初心者講習会を開催しました。朝は雨模様でしたが、皆さんの日頃の行いが良いと見えて雨も上がり晴れ間が出る程回復しました。
受講者9名で皆さん真剣に座学を受講され、実技も笑顔で歩いて来ました。そして入会希望者が7名、累積会員数が202名と大台突破する結果に成りました。
底辺の拡充で一人でも多くの人がノルディックウォーキングで笑顔と健康寿命を延ばせればと願って、日々精進し感謝したいと思います。







平成30年10月21日「いなぎ市民祭」報告

2018年11月09日《Fri》
あいのまちいなぎ市民祭に島根県邑南町のPRブースへ神田名誉会長とクラブ顧問の奥様がおみえになり、クラブの一部メンバーで逢いに行って来ました。
お二人ともとてもお元気で神田さんはおおなんフィンランド協会会長・邑南そば街道推進協議会会長と更にエネルギッシュに活動されていらっしゃいました。ブースでは島根のお米やジャム等の販売もありました。
またメンバー数名でグランドでデモンストレーションウォーキングも行い秋晴の1日を堪能してきました。








平成30年10月例会<10月14日(日)>

2018年10月19日《Fri》
朝の雨も上がり、参加者21名でウオーミングアップをして出発。多摩センターの「縄文の村」に入り、今も焚火の煙が出ている竪穴式住居を見学、湧水を見ながら村を一巡り。

「埋蔵文化財センター」では縄文土器・衣服・多摩のビーナス(若葉台で発掘)を見て、すっかり原始、古代の東京にタイムスリップしました。文化財ウイークの富澤家住宅と庭を見学。街路樹のサクラ、ユリノキ、イチョウ、メタセコイア、モミジバフウ、の落葉、トウカエデ1本が美しく紅葉していました。

落合でターンして、多摩センターへ、ハロウィーン祭で賑わう中、昼食会へ。チャイニーズレストラン「桃里」で参加者17名で盛り上がりました。今日は、記念写真にハロウィーン人形も仲間入り「パチリ!」と水分補給も忘れるくらい楽しく歩きました。約8キロ

「行く秋や 足もと軽き ノルデック」  相馬







会員No.194・195さんです。また笑顔で集う仲間が増えました。健康寿命を皆で延ばしましょう。


2018年09月14日《Fri》
このたびの大雨・台風・猛暑での熱中症・地震・崖崩れ等で被災された方々に 心より追悼の意を表すと共に謹んでお見舞い申し上げます