稲城ノルディックウオーキングクラブ公式ホームページへようこそ.

あなたは 番目の訪問者です。
東京稲城市近郊の多摩丘陵、多摩川周辺でノルディックウオーキングを楽しんでいます。ご一緒にどうぞ!

<クラブ紹介>

当クラブのある稲城市は、緑が多く適度なアップダウンがある多摩丘陵で、多摩川やよみうりランドもありノルディックウオーキングには最適の環境、地域といえます。 平成21年5月にクラブが発足し、JNFA公認のインストラクターが初心者のための講習会、体験会、定期的な会員ノルディックウオーキングなどを行っております。
これからも皆様と一緒にノルディックウオーキングの輪を大きく拡げて楽しんでまいります。 

稲城ノルディック
ウオーキングクラブ代表

小林利彰

<クラブ事務局>

クラブ事務局へのご連絡はこちらからどうぞ

ここをクリック

2018年09月14日《Fri》
このたびの大雨・台風・猛暑での熱中症・地震・崖崩れ等で被災された方々に 心より追悼の意を表すと共に謹んでお見舞い申し上げます

平成30年9月例会<9月9日(日)>

2018年09月14日《Fri》
「よこやまの道をあるこう」シリーズ3回目です。19名の参加で堀之内に集合。日差しは強いけどほのかにひんやりとした風が吹き空には鰯雲が見られました。せせらぎ緑道から出発です。

川にはあかねトンボが飛び交い萩の花も咲いていて秋を感じながら歩きました。姿池には、長池公園のシンボルともいえる長池見附橋があり、その歴史的造りに圧倒されました。
木立の間を縫う長池の道で自然のクーラーを感じながら歩きました。長池では前川さんの指導でぎゅぎゅと体操とスクワットを教えてもらいました。

よこやまの西側の道を通って唐木田まで歩きました。汗びっしょりになりましたが気分は爽快で、「また、来たいね。」という声も聞こえてきました。(田嶋)






平成30年7月例会<7月8日(日)>

2018年07月09日《Mon》
唐木田駅前広場でウォーミングアップの後、新旧の仲間18名で出発。
多摩市総合福祉センターを過ぎ、セブンイレブンから続く長い下り坂を、サイクルトレーニングの若者を横目に多摩丘陵病院・扇橋を過ぎ、めざす「奈良杯谷戸」に到着。
一服の後、「フットパス」を守り、育てている方たちに出会い言葉を交わすことが出来ました。 森林を行くと急な曲がり角があり、そこには静かにたたずむ六地蔵との出会いがありました。
小野神社・小野路宿里山交流館でクールダウン。先月と同じ「小野路うどん」を全員で頂き、ビールで乾杯。
バスで「多摩センター」に向かう人、「一本杉公園」経由で定番の生椎茸を買って帰る元気者に分かれて帰路に。
新コース、ありがとうございました。加藤







会員No.192・193さんです。また笑顔で集う仲間が増えました。健康寿命を皆で延ばしましょう。



第46回初心者講習会<6月23日(土)>

2018年06月26日《Tue》
第46回初心者講習会を6月23日 地域振興プラザで参加者12名・スタッフ6名で行いました。
耳障りの良い鳥のさえずりの中、梅雨時ながら最後ポツポツと降り始めましたが、濡れるほどではなく参加者の日頃の行いが良かったようです。

そしてクラブへの入会者2名とポール購入希望者8名と健康寿命へ前向きの方々と熱心に講義を受けて頂き、笑顔で歩きました。
とても充実した初心者講習会を無事終了することが出来、感謝します。(小林利彰)








平成30年6月例会<6月10日(日)>

2018年06月19日《Tue》
空は今にも降りそうな天候でしたが、若葉台駅前広場には11名が笑顔で集い、小林代表によるウォーミングアップで元気に出発しました。

万葉集の防人の歌で知られた多摩よこやまの道の東端から、少し早いペースで防人見返りの峠まで、ここで一休み。古道五差路の先に野いちごのような赤い実の成る枝から皆で実を採ったり、山椒、ワラビが自生している道を進むうちに昔の布田道に出合い、関屋の切通しで集合写真を1枚。その先のバスが通っている大山道に出て、小野路に到着。

昔旅籠であったという里山交流館で、小野路うどんの昼食にありつけました。バスの時間が迫り、慌ただしく多摩センター行きに乗り、帰路へ、梅雨の時期の束の間のウォーキングを満喫出来ました。コースディレクターの四本さん、有難うございました。高木






平成30年5月例会<5月13日(日)>

2018年05月21日《Mon》
5月例会はGW明けの昭和記念公園。午後から雨の予報もあり空いている園内を18名でウォーキングしました。「こもれびの里」では、子どもたちを対象に昨年収穫した小麦粉でうどん作り体験を行っていました。日本庭園の庭を見ながら水分補給ののち、100万本以上のシャーレーポピーが真っ赤なじゅうたんを敷き詰めたように咲いている「花の丘」で記念撮影。
そんなに広くない印象の昭和記念公園ですが、12時過ぎまでウォーキングを続けましたので、歩数・消費カロリーとも充分でした。コースリーダーの加藤さん、四本さん、ありがとうございました。
解散後、希望者のみ国立駅前で開催されている「ポールdeウォーキング」のイベントへ。残念ながら雨脚が強く不参加でした。また機会が有れば参加しようと思います。
(澤井条二)






平成30年4月例会<4月8日(日)>

2018年04月16日《Mon》
すがすがしい空のもと黒川を18名で出発しました。町田と川崎との境の緑豊かな山道を登って行き、小路では鶯のさえずりが私達を楽しませてくれました。
高台に登ると眼下に新興住宅地が広がり、大山や丹沢山系の山々が遠望されました。その後、ドウダンツツジが咲き誇る道から片平公園到着。そこで健康体操を前川さんに教えて貰い、修廣寺に向かって歩いて行くと太鼓の音が聞こえてきて、今日は「花まつり」でした。
皆で甘茶をかけた後集合写真を撮り、若葉の芽吹いてきた桜並木を歩いて新百合ヶ丘にゴール。こんな近くに良いところがあったと、参加者の声がありました。(田嶋久見子)






平成30年3月例会<3月11日(日)>

2018年03月19日《Mon》
国分寺崖線の第2弾は、23名で西国分寺駅から最初は、駅横の林の中にある姿見の池巡り。ここは、昔から恋ヶ窪と呼ばれた地です。
少し肌寒い空模様の中を、武蔵国分寺公園へ。ここから南下して森の先の崖線を下ると真姿の池に到着。湧水場では近くの人が水を汲みに来ていました。お鷹の道を通り、殿ケ谷戸公園へ。庭園ではいつの間にか青空の中、梅が咲き、道端にカタクリの花もチラホラ、皆さんも春ののどかな道を満喫していた様です。
今回の案内役の田嶋さん、有難うございました。 (高木正俊)








平成30年2月例会<2月11日(日)>

2018年02月16日《Fri》
 雨予報の心配もなく、桜の咲く頃の暖かさを感じながら16名の笑顔は、国史跡武蔵府中熊野神社古墳へ向け西府駅をスタートしました。
古墳の石積みの全形に復元された石室をヘルメットを被り見学。「古墳見学を楽しみにしてきて良かった。」との声もあり古代の歴史に思いを馳せて、新府中街道を国分寺涯線上へと向かいました。
いぬ桜の大木・コナラ・ケヤキの穏やかな自然林を落ち葉を踏みしめながら過ぎ、武蔵国分尼寺跡を巡り、伝鎌倉街道の切通しを抜け西国分寺駅へゴール。6kmの行程にハケの地形が育む自然の恵み、ビルが立ち並び車が行き交う日常のスピード、史跡各所に武蔵国いにしえの凪いだ空気を感じる1日でした。高木AL、そして皆さま和やかな定例会をありがとうございました。(四本春美)










AL合格のお知らせ

2018年01月19日《Fri》
報告が大変遅れましたがアクティブ・リーダー(AL)に下記の2名の方が合格されました。おめでとうございます。今後の活躍に期待しています。(小林利彰)

1.2017年 6月  高木正俊さん
2.2017年10月  澤井条二さん